1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 掃除洗濯(掃除機)
  3. 特集
  4. 阿部絢子先生が教える秋掃除講座

阿部絢子先生が教える秋掃除講座

大掃除といえば年末・・・とお思いの方が多いと思いますが、実は、秋は大掃除に大変適した時期なんです。では、なぜ秋は大掃除に適しているのでしょうか。秋の大掃除のコツをメディアでご活躍中の生活研究家、阿部絢子先生が教えてくれました。

阿部絢子 プロフィール

生活研究家・消費生活アドバイザー
1945年新潟県生まれ。1967年共立薬科大学卒業後、薬剤師として洗剤メーカーに勤務。フリーライターとして活躍、1980年より銀座松屋で「消費生活アドバイザー」として消費者の相談にあたる。日本大学理工学部の講師も務め、欧米の環境問題に取り組み、家庭廃棄物処理の実態生活調査などを体験している。
料理や家事など生活全般にわたる豊富な知識と合理的なアドバイスで、メディアや執筆活動などで幅広く活躍中。

著書に『モノを整理してスッキリ暮らす』(大和書房)、『家事名人の生活整理術』(講談社)、「快適に暮らす小掃除術」(集英社)、『覚悟の片付け』(NHK出版)など多数。
阿部絢子

■秋に大掃除をおすすめする理由

大掃除はまとめて年末に・・・そう思っている方はいらっしゃいませんか?実は、大掃除は秋が一番適したタイミングです。その理由は三つあります。

1.夏についたばかりの汚れは落としやすい。
夏は、温度も湿度も高いため、カビ・バクテリア・雑菌が繁殖しやすい環境。人間も発汗や老廃物の排出が多く、必然的に家に汚れの元が蓄積しやすい季節です。 カビや雑菌は、人の汗や、食べかす、皮脂などの老廃物を餌にして繁殖を繰り返しています。
雑菌は繁殖の際に、嫌な臭いのするアンモニアなどを排出しています。
それゆえに、臭いの元=汚れも多い時期となっています。
これらの汚れが広がったり、繊維の奥深くまで入り込み、汚れが落ちにくくなるのです。 そして、年末まで大掃除をしないでいると、汚れが落ちにくく、臭いもひどくなり、 結果的に掃除がさらに大変になります。

2.秋はダニによるハウスダストが一番多い季節
7月から9月はダニ発生のピークで、秋にはダニの死骸と糞が混じったハウスダストの量が急増します。
冬まで溜めておかずに、秋のうちにアレルギーの原因であるハウスダストを掃除したいものです。

3.暑さも落ち着き水も冷たくない季節
体を動かしても、夏のように暑すぎることもなく冬の冷たい水でもなく、辛い思いをすることもありません。また、冬よりも洗濯物が早く乾きます。

今回は、そんな秋の大掃除のポイントをご紹介します

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアイリス暮らし便利ナビをフォロー

新生活、楽しく賢く過ごす暮らしのアイデア♪

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報